CMS

Jリーグ各クラブのCMS導入状況を調べました。

今回のブログはJリーグ各クラブのホームページについてです。

私の本業はWebデザイナーでして、仕事でWordPressやMovable Typeなど組むことが多いので、
Jリーグ各クラブはどんなCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使用しているのか気になったので、調べてみました。

CMSとは

ITに疎い方へはCMSとは何か思いますので説明をします。 CMSとは「コンテンツマネジメントシステム」の略でホームページにあるニュースのリリースなどを、 ブロブを書くように編集ができるソフトウェアのことです。

管理画面があり、クラブの職員や制作会社の方々が文字の入力をしています。

制作会社の技術レベルや制作予算の都合で変わりますが、無料で配布されたいるソフトウェアを使用したり、
スクラッチ(ゼロからシステムを作る)で開発することがあります。

今回出てくるCMSは、WordPress(ワードプレス)、Movable Type(ムーバブルタイプ)、Drupal(ドルーパル)です。

ちなみにWordPressとDrupalは無料で使うことができます。
Movable Typeのライセンスは有料です。

調べ方法

ホームページのソースコード見て「wp-content」があれば、WordPress、
URLに「/mt」や「mt.cgi」と打って管理画面が出てくれば、Movable Typeなどの判定方法をします。

調べた結果

調べた結果です。

WordPress

J1

北海道コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
浦和レッズ
FC東京
セレッソ大阪

J2

水戸ホーリーホック
FC町田ゼルビア
横浜FC
湘南ベルマーレ
松本山雅FC
ツエーゲン金沢
FC岐阜
レノファ山口FC
アビスパ福岡
V・ファーレン長崎
大分トリニータ

J3

グルージャ盛岡
ブラウブリッツ秋田
福島ユナイテッドFC
SC相模原
藤枝MYFC
アスルクラロ沼津
鹿児島ユナイテッドFC
FC琉球
Movable Type 川崎フロンターレ
カマタマーレ讃岐
Drupal 横浜F・マリノス
Y.S.C.C.横浜

所感

なんと53クラブ中、24クラブがWordPressを使用していました。

我が浦和レッズもWordPressを使用しています。

ちなみに私は某クラブのホームページの制作に携わったことがありますが、
WordPressなどのオープンソースのCMSは使わずにスクラッチ(ゼロから作る)で開発をしました。

常時SSLのクラブも出てきている

調査中に気になったのですが、以下の4サイトが常時SSLでした。

  • 清水エスパルス
  • セレッソ大阪
  • AC長野パルセイロ
  • ギラヴァンツ北九州

常時SSLとはURLの「http://」ではなく「https://」と「s」が付くことです。
Google Chromeだと「保護された通信」と表示されます。
(細かい説明は省略しますが)

常時SSL

今時ですね。

以上が、Jリーグ各クラブのCMS導入状況でした。

目次