【ACLアウェイ観戦・遠征記】天河体育中心体育場へ浦和レッズvs広州恒大戦を現地観戦してきた

2019年10月23日(水)、ACL準決勝 広州恒大vs浦和レッズを現地観戦してきました。天河体育中心体育場への遠征の観戦記や広州の旅行記など記録です。


ACLのアウェイ観戦記です。

2019年ACLの準決勝である広州恒大戦を、中国の天河体育中心体育場まで行って現地観戦してきました。

広州遠征の行き方や広州の旅行記などを記録しましたので、 来年以降の浦和サポーターや他クラブのサポーターの参考になれば幸いです。

乗った飛行機

春秋航空

トラベルコなどで検索したときは関西国際空港経由の春秋航空が最安値でしたので、行きは8月の上海と同じく春秋航空にしました。

帰りの春秋航空は終電に間に合わないと思ったので、1泊してANAの直行便にしました。

どうやら香港から電車で来た方が多いみたいでした。上級者ですね。

行き(羽田空港→広州白雲国際空港)

ANA95便 羽田18:15発 → 関西19:40着(1時間25分)
9C6160便 関西23:50発 → 広州翌2:50着(4時間)

関西国際空港でチェックインの列を見た感じでは、ほとんどが中国人です。
浦和レッズサポーターと思われる人は数名いました。

搭乗は羽田と同じくタラップでした。

帰り(広州白雲国際空港→羽田空港)

ANA924便 広州14:15発 → 羽田19:45着(4時間30分)

帰りの飛行機は奮発してANAの直行便にしました。

帰りも春秋航空の深夜便で良いかなと思いましたが、試合時間が遅いので終電で空港まで行けないと思ったので1泊することにしました。

5万円もしましたが、客室乗務員は日本人ですし、まともな機内食も出ます。チェックイン開始も早くて並ばなかったので、LCCばかり乗ってる身としては非常に快適でした。

バスで集団入場のためにホテル集合

バス

AM3時に空港に着きまして、入国審査は結構な列ができており、1時間ぐらいかかりました。

9時ぐらいまで空港で仮眠をして、ホテルのチェックインまで時間があるのでスタジアム周辺向かいました。
スタジアム周辺の観光は下の方に後述します。

その後、宿泊先のホテルチェックインして、15時に集団入場のために集合場所のホテルに向かいます。

前回の集合場所のホテルが「東方賓館」という情報があったので、その近くに泊まろうと思っていたのですが、今回は「ザ ガーデンホテル 広州(広州花園酒店)」というホテルでした。

集合場所のホテルにある一室に浦和レッズサポーターは集まり、クラブのスタッフから注意事項などの説明の後、バスに乗ります。
バスの数は16号車までありました。

スタッフの話では、今回は北京や上海と異なり、今まで以上に警戒をしていて今まで持ち込めたものが持ち込めないとのことでした。

スタジアムに入場

顔認証

バスがスタジアムに着き、入場します。

なんと、驚き、このマシンで顔写真が登録されされます。
その後、X線検査を通ります。

クラブのスタッフが言っていたのは、こういうことだったんですね。

中国公安

公安だか警備員だかわかりませんが、囲むように配置されてます。
中にはスマホをいじってる人もいたので、中国クオリティーです。

旧国立競技場みたいな作り

天河体育中心体育場

スタジアムは旧国立競技場みたいな作りです。
スタンドの奥には天河の高層ビルが立ち並んでいます。

売店は水とスポーツドリンクのみ

飲食物は持ち込めません。

販売されるのは水とスポーツドリンクのみです。

水の販売は供給が間に合わず長蛇の列で、長時間待たされる感じでした。

しかも、売店の人間が足りないので、有志の浦和レッズサポーターが手伝ってました。

水は時間がかかるので、スポーツドリンクにしましたが、リンゴに酢を混ぜたような非常にケミカルな味でした。

広州に集まった浦和レッズサポーター

広州に集まった浦和レッズサポーター

私は後ろの方で観ましたので、上から撮った浦和レッズサポーターです。

集まったサポーターは700人程のようです。

広州恒大のサポーター

広州恒大のスタンドでは何かの歌に合わせてスマホのライトを点けて歌っています。

広州サポーター

広州恒大のサポーターはものすごく浦和レッズサポーターを煽ってきて、国内では経験できない雰囲気です。

試合前にスタジアムに行ったときは、集団入出場は必要ないんじゃないかと思いましたが、これは絶対に必要でしょうね。

後半開始時に左の広州側のスタンドが騒がしいと思ったら、浦和レッズのスタッフが乗り込んでブーイングを浴びてました。
どうやら、煽ってくる広州サポーターに怒って、広州側のスタンドに行ったようです。
クラブのスタッフが一番熱くなってました。

逆に右の広州側のスタンドでは、広州サポーター同士で揉めていました。

中国での試合は恐ろしいです。

試合は勝利

広州に集まった浦和レッズサポーター

試合は興梠慎三選手のゴールで勝利し、みごと決勝に進みました。

このあとは、スタンドで待機し、バスで集合場所のホテルに戻りました。

私の乗るバスは一番先の出発で、終電の5分前の電車に乗れましたが、あとの方は終電に間に合ったのか心配です。

広州の天河の観光

ここからはサッカーとは関係ない広州の観光です。

地下鉄の券売機

広州の地下鉄

券売機は上海と同じくタッチパネルで駅名をタッチすれば買えます。
上海と違うのは乗車券はICが入ったコインでした。

案内も日本よりも分かりやすいです。

天河体育中心体育場へ

ホテルのチェックインまで時間があったので天河に行ってみました。

天河体育中心体育場から広州塔がある珠江川まで歩きました。
約4.5kmぐらいの距離です。

天河体育中心体育場

スタジアムではまだ設営中でしたが、ダイヤモンドを割る的なデザインのパネルがありました。

天河体育中心体育場

「不忘初心」とあります。「初心忘るべからず」でしょうか。

広州の高層ビル

広州の高層ビル

こんなに入るテナントがあるのか?、って思うほど高層ビルが多いです。

シェアサイクル

広州のシェアサイクル

さすが本場の中国。至るところにシェアサイクルが大量にあります。でも自転車は汚れています。

麺屋武蔵

広州の麺屋武蔵

スタジアムの近くのショッピングセンターに麺屋武蔵がありましたので、食べてみました。

タピオカが多い

ショッピングセンターを何軒かみてるとタピオカ屋が何件かありました。 セブンイレブンでもタピオカが売っています。 広州でもブーム何でしょうか。(上海では見つけられなかったので)

タピオカ

イオン

イオン

ショッピングセンターにイオンがありました。

広州塔

広州塔

スタジアムから広州塔がある直前の珠江川まで歩きました。

時間はなかったので広州塔は行かず…

広州駅

広州駅

ホテルは広州駅のすぐ近くにしました。

高層ビルが並んだ近代的な天河とは異なり、広州駅はいかにも中国って感じです。

広州遠征の基本情報

以上がACLアウェイ観戦記、広州恒大戦のレポートでした。

日時 2019年10月23日(水) 20:00(現地時間)キックオフ
対戦相手 広州恒大 (広州恒大淘宝足球倶楽部)
遠征都市 中華人民共和国 広州市
スタジアム 天河体育中心体育場
試合結果 広州恒大 0-1 浦和レッズ
観客 39,999人

アル・ヒラルのサウジアラビアも行きます!次回のブログもお楽しみに!

最近の記事

【ACLアウェイ観戦・遠征記】上海体育場へ浦和レッズvs上海上港戦を現地観戦してきた

2019年8月27日(火)、ACL準々決勝 上海上港vs浦和レッズを現地観戦してきました。上海体育場への遠征の行き方や観戦記、上海の旅行記など記録です。

浦和レッズのスポンサーである「ファミリー引越センター」に依頼してみた感想

浦和レッズのスポンサーでお馴染み「ファミリー引越センター」に依頼してみた感想を書きました。良かった点や悪かった点、エンブレムが入ったダンボールやトラックを紹介します。

レッズフェスタ2019(REDS Festa 2019)に行ってきました。浦和レッズの選手の画像をまとめ

浦和駒場スタジアムで行われたファン感謝デーであるレッズフェスタ2019(REDS Festa 2019)に行ってきました。イベントの感想とカメラで撮った画像をまとめました。

【アウェイ遠征】ユアテックスタジアム仙台にベガルタ仙台の観戦に行ってきた

2019年2月23日(土)、2019年J1リーグ開幕戦 ベガルタ仙台vs浦和レッズを観戦してきました。ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ)の様子をレポートします。

【買い方・使い方】LINEチケットでJリーグ開幕戦のベガルタ仙台vs浦和レッズを観てきた

今年から始まったLINEチケットで、Jリーグ開幕戦のベガルタ仙台対浦和レッズを観てきました。購入にあたっての使い方や感想です。

目次