浦和レッズのデザインやホームページを制作してる外注先9社を紹介

浦和レッズがポスターやホームページのデザインを制作している会社を調べてみました。


浦和レッズがポスターやホームページといったデザイン関連をどういった企業に依頼しているのか調べてみました。

各企業のホームページに実績が載っているものを紹介します。

ホームページはNTTレゾナント

NTTレゾナント画像はNTTレゾナントの事例紹介のスクリーンショット

ホームページ関連はNTTグループのエヌ・ティ・ティレゾナント株式会社が担当しています。

NTTレゾナントの事例紹介を見ると、「構築~保守~運用」、「画像更新、テキスト更新、バナー更新業務等」、「サーバーアクセス監視、試合速報業務」、「スマホサイト」、「Facebook、twitterの立上げ」とあるので、 ホームページの更新から速報、サーバとったインフラ、SNSまで担当していることが分かります。

昔はSo-net(ソネット)だった気がしたのですが、代わってましたね。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

REX CLUBは日立ソリューションズ

日立ソリューションズ画像は日立ソリューションズの事例紹介のスクリーンショット

浦和レッズのファンクラブであるREX CLUBは、株式会社日立ソリューションズがシステム開発を行っています。

日立ソリューションズの事例紹介ページでは、浦和レッズのファンコミュニティ担当である白戸秀和さん、須藤伸樹さんのインタビュー記事があります。

浦和レッズのためにオリジナルで作ったオーダーメイドのシステムではなく、パッケージ化された既成品のようです。

このシステムは他チームでは、ジュビロ磐田、東京ヤクルトスワローズ、オリックス・バファローズでも使用されています。

日立といえば柏レイソルですが、柏レイソルでは導入はされてないようです。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:株式会社日立ソリューションズ

オンラインショップはecbeing

オンラインショップは株式会社ecbeingが制作しています。

株式会社ecbeing画像はecbeingの事例紹介のスクリーンショット

ecbeingのデザイン制作事例に浦和レッズのオンラインショップが掲載されていました。

ただ、オンラインショップは昨年にリニューアルされたので、業者が替わっているのかもしれません。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:株式会社ecbeing

スポンサー企業のホームページやポスターはランドガレージ

ランドガレージ

スポンサー企業とのコラボしたホームページとポスターは株式会社ランドガレージが制作しています。
ランドガレージは北浦和にある地元の会社です。

制作実績をみると、ホームページの制作はスポンサーとのキャンペーンサイトである「ファンファンレッズ」、和真があります。
ポスターはポラス、キリンビール、JAグループさいたま、三菱自動車工業の制作実績があります。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:株式会社ランドガレージ

ポスターやロゴはFIRSTORDER

株式会社TATERUに内にある、クリエイティブチームFIRSTORDERがポスターなどの制作をしています。

アートディレクターの岡田考功(おかだよしのり)さんが浦和出身であるという縁があるようです。

FIRSTORDERのWORKSページを見ると、ポスターやグッズ、ロゴの制作をしているのがわかります。

ポスター

FIRSTORDERポスター

試合のポスターや、山田暢久と鈴木啓太の引退試合のポスターも制作しています。

グッズ

FIRSTORDERグッズ

レッズフェスタで話題になったグッズもデザインしています。

ロゴ

FIRSTORDERロゴ

ACL優勝や山田暢久引退試合のロゴも制作しています。

駒場スタジアムのロゴ

岡田考功さんはTwitteをされているようで、駒場スタジアムのロゴをデザインされたようです。

URAWA SOCCER STREET

レッドボルテージがある浦和駅のURAWA SOCCER STREETで流れるコンセプトムービーなど、全体のプロデュースもされたようです。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:FIRSTORDER

岡田考功さんのTwitter↓
@AD_OKADA

ユニフォームの販促用グラフィックデザインはイグニションズ

イグニションズ

ユニフォームの販促用ビジュアルデザインは株式会社イグニションズが制作しています。

発注元はナイキになるかもしれませんが、主要取引先に浦和レッズの名があるので、他にも手がけてるかもしれません。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:株式会社イグニションズ

映画や番組はロボット

2014年に公開された映画「WE ARE REDS THE MOVIE」、2015年にスカパーで放送された「THE WAY」は株式会社ロボットが製作をしました。

株式会社ロボットはCMや映画を制作している会社です。
主な実績は「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズ・「海猿」シリーズ・「踊る大捜査線」シリーズがあります。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:株式会社ロボット

新しいロゴは日本デザインセンター

日本デザインセンター

2018年に新しくなったロゴは株式会社日本デザインセンターが制作しました。
日本デザインセンターは三菱UFJグループやNHKのロゴを実績がある会社です。

日本デザインセンターのfacebookページに実績が紹介されています。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:株式会社日本デザインセンターのfacebookページ

スタジアムの演出はTSP太陽

TSP太陽

TSP太陽株式会社の実績紹介ページでは埼玉スタジアムの「空間創造」とあります。

スタジアム内の動線となる看板などの制作をされているようです。

実績紹介ページはこちら↓
リンク:TSP太陽株式会社

まとめ

以上が浦和レッズが外注している9社の紹介でした。

結構、浦和レッズはWEB・グラフィックデザイン・映像などバラバラの会社に発注しているようです。

私がとあるスポーツ案件に携わってていた時は、「クリエイティブの統一」で一括で1つの会社に統一できるという提案を行っていました。
ただ、Webが得意、グラフィックが得意など、得意分野が各企業によって違いますから、別々の会社になってしまうのかなと思います。

発注する側は外注先がたくさんあると、複数の会社のコントロールする能力が問われそうですね。

最近の記事

【アウェイ遠征】ユアテックスタジアム仙台にベガルタ仙台の観戦に行ってきた

2019年2月23日(土)、2019年J1リーグ開幕戦 ベガルタ仙台vs浦和レッズを観戦してきました。ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ)の様子をレポートします。

【買い方・使い方】LINEチケットでJリーグ開幕戦のベガルタ仙台vs浦和レッズを観てきた

今年から始まったLINEチケットで、Jリーグ開幕戦のベガルタ仙台対浦和レッズを観てきました。購入にあたっての使い方や感想です。

金武町フットボールセンターに浦和レッズの沖縄キャンプを観に行ってきた

2019年シーズンの浦和レッズのキャンプ地である沖縄の金武町フットボールセンターに行ってきました。バス停やバスでの行き方の説明や、キャンプのレポートです。

【堀孝史・大槻毅・オリヴェイラ】浦和レッズの波瀾万丈だった2018年シーズン振り返る

2018年シーズン浦和レッズの総括です。堀孝史、大槻毅、オズワルド・オリヴェイラと監督が2度変わり波瀾万丈だったシーズンを振り返ります。

【天皇杯優勝!】天皇杯決勝 ベガルタ仙台戦の画像レポート(主にサポーター)

2018年12月9日(日)、天皇杯決勝 浦和レッズvsベガルタ仙台の画像レポートです。ビジュアル・コレオグラフィーやWe are DIAMONDSの画像を掲載しています。

【アウェイ遠征】天皇杯準決勝 鹿島アントラーズ、茨城県立カシマサッカースタジアムに行ってきた

2018年12月5日(水)、天皇杯準決勝 浦和レッズvs鹿島アントラーズを観戦してきました。茨城県立カシマサッカースタジアムの様子をレポートします。

目次