浦和レッズのクラブハウスが5億円をかけて増築したそうです。

建物外観の様子

CMS

埼玉新聞より

CMS

デイリースポーツより

室内の様子

CMS

埼玉新聞より

選手寮への移動がなくなった

これまで食事や睡眠のためには車で5分ほどの選手寮へ移動する必要があったが、今回の増築で適切なタイミングと質を伴った栄養補給、休養に十分なスペースが確保され、大原サッカー場の敷地内で強化が完結できるようになった。 埼玉新聞より

施設内容

半地下のトレーニングルームは増築前に比べて1・7倍広い220平方メートル。埼玉新聞より

2階のリラクゼーションルームには大型テレビを中心に1人掛けのソファが並ぶ。隣接されている仮眠室はマットレスに加え、ダークブラウンの天井と遮光カーテンが安眠へいざなう埼玉新聞より
テラス付きの食堂は家庭的な内装に木目調のテーブルが並び、3階からピッチを一望できる。選手たちの食事は国立スポーツ科学センターのレストランを参考に、ビュッフェ形式で選手たちのエネルギーを生み出すメニューが提供される。埼玉新聞より

Twitter

以上が浦和レッズの増築したクラブハウスでした。

大原サッカー場の案内はこちら↓

目次