サッカーのポジションはたくさんあり、フォーメーションごとにある・無いポジションがあるので難しいかと思います。

なので図にしてポジションの用語や役割を紹介したいと思います。

図の赤丸が該当のポジションです。

ゴールキーパー(GK)

ゴールキーパー

言わずと知れたゴールキーパーです。チームに必ず1人だけ置くことができ、 ペナルティーエリアなら手を使うことができます。

次はDFです。

センターバック(CB)

センターバック

センターバックは主に4バックの真ん中のディフェンスのことを言います。

浦和レッズで該当する選手は、マウリシオです。

ストッパー

ストッパー

ストッパーは3バックの左右のディフェンスのことです。
主に相手の2トップに対してマンマークをします。

浦和レッズで該当する選手は、槙野智章や森脇良太です。

スイーパー(SW)

スイーパー

スイーパーは3バックの中央を言います。
ストッパーが相手の2トップにマンマークしたのに対して、 スイーパーはカバーリングをしたり、ディフェンスラインのコントロールをします。

浦和レッズで該当する選手は、マウリシオです。

リベロ

リベロ

リベロはスイーパーとほぼ同じですが、リベロは攻撃参加をします。

元々、リベロはイタリア語で「自由」の意味で、攻撃参加する選手のことを言いますが、
最近はスイーパーのこともリベロと言うことが多いです。

浦和レッズで該当する選手はいませんが、元選手では田中マルクス闘莉王が該当します。

サイドバック(SB)

サイドバック

サイドバックは4バックのサイドを守備し、チャンスがあれば攻撃参加をします。

浦和レッズで該当する選手は、宇賀神友弥や平川忠亮です。

ウィングバック(WB)

ウィングバック

3バックのサイドハーフの選手をウィングバックと言います。

ウィングバックは登録上ミッドフィルダーですが、サイドの守備をするので、ウィングバックと言います。
そのため、3バックは実質5バックになります。

サイドの攻守にわたって長い距離を動きます。

守備もするので守備力やフィジカル、激しい動きをしますのでスピードや持久力が求められます。

特にミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ)のウィングバックは守備時はディフェンスライン、攻撃時はフォワードまで上下の激しい運動をします。

浦和レッズで該当する選手は、関根貴大や元選手では駒井善成です。

次にMFです。

ボランチ、ディフェンシブハーフ(DMF)

ボランチ

ボランチはポルトガル語で「車のハンドル」のことを言います。
日本では守備的ミッドフィルダーと言われます。

守備のカバーリングや攻撃の組み立てなど、攻守にわたって大事な働きをします。

ウイニングイレブンではディフェンシブハーフ(DMF)と言います。

浦和レッズで該当する選手は、阿部勇樹や鈴木啓太です。

アンカー

アンカー

アンカーはさらに守備的なボランチのことを言ったり、ボランチが1人の時のことを言います。

ボランチが3人で三角形の時はアンカーとインサイドハーフに分けて言います。

「中盤の底」とも言われます。

浦和レッズで該当する選手は、青木拓矢です。

インサイドハーフ(IH)

インサイドハーフ

インサイドハーフは攻撃的なボランチのことを言います。
ボランチが3人で三角形の時はアンカーとインサイドハーフに分けて言います。

浦和レッズで該当する選手は、長澤和輝です。

サイドハーフ(SH)

サイドハーフ
サイドハーフはミッドフィルダーのサイドを担当します。
スピードある選手やドリブルの上手い選手が入ることが多いです。

浦和レッズで該当する選手は、梅崎司です。

トップ下、オフェンシブミッドフィルダー(OMF)

トップ

トップ下の攻撃的なミッドフィルダーのことを言います。
日本では司令塔と言います。
パスのセンスがある選手が入ります。

ウイニングイレブンではオフェンシブミッドフィルダー(OMF)です。

浦和レッズで該当する選手は、柏木陽介や小野伸二です。

セントラルハーフ(CH)、セントラルミッドフィールダー(CMF)

セントラルハーフ

セントラルハーフは日本では馴染みの無いポジションですが、
ミッドフィルダーがフラットに並んだ時のポジションを言います。

主に伝統のイングランドであった中盤フラット型4-4-2のポジションです。

現代サッカーはトップ下とボランチが分業するようになり、このポジションはほとんど無いです。

2018年ワールドカップのイングランド代表は3バックだったり、マンチェスター・ユナイテッドでも4-2-3-1になっています。

最後はFWです。

ウィング(WG)

ウィング
ウィングはサイドのフォワードのことです。
4-2-3-1の「3」に入るサイドの選手や、4-3-3の3トップに入るサイドのフォワードの選手のことを言います。
スピードがあり、ドリブルやカットイン(ドリブルでサイドから中央に切り込む)が上手い選手が入ります。

浦和レッズで該当する選手は、原口元気や高木俊幸です。

シャドー、1.5列目、セカンドトップ(ST)

セカンドトップ、シャドー

シャドーはセンターフォワードの周りに入り、センターフォワードを補佐したり、スプリント(走り出し)で、チャンスを作ります。

「1.5列目」とも呼ばれます。

ウイニングイレブンではセカンドトップ(ST)です。

相手のセンターバックとボランチの間にポジションを取るので、相手はマークしづらい特徴があります。

浦和レッズで該当する選手は、武藤雄樹です。

センターフォワード(CF)

センターフォワード
センターフォワードは真ん中のフォワードの選手です。
得点力のある選手やポストプレーが上手い選手が入ります。

浦和レッズで該当する選手は、興梠慎三です。

他のスポーツとの違い

サッカーは野球の様に守備位置が固定ではなく、フィールドプレイヤーの10人はチームごとにポジションは自由に置くことができます。

ポジションはフォーメーションによって名称が異なることが多いので、フォーメーションと一緒に覚えるのが良いでしょう。

目次