ガンバ大阪はセパハンを応援していまス

読み方:がんばおおさかはせはぱんをおうえんしています

「ガンバ大阪はセパハンを応援していまス」とはガンバ大阪サポーターが掲出した横断幕である。

2007年11月10日(土)、万博記念競技場で行われたガンバ大阪vsジェフユナイテッド千葉の試合において、選手入場時にガンバ大阪のゴール裏から横断幕が掲出された。

この時、浦和レッズはAFCチャンピオンズリーグ2007の決勝に進出しており、翌週にはセパハンとの決勝第二戦を控えていた。

この翌週には、ガンバ大阪の公式サイトでは以下のリリースが発表された。

2007/11/12(月)
11/10千葉戦におけるAホーム席・SB席での横断幕について
11/10(土)JL31節VS千葉戦@万博にて、試合開始前、選手入場時にAホーム席、試合中にSB席におきまして『ガンバ大阪はセパハンを応援しています』などの横断幕が掲出されました。
ガンバ大阪で横断幕やバナー、ゲーフラの掲出は、
『ガンバ大阪・選手を応援するものであること』
ということで認めております。
今回の横断幕の内容は、一部のAホーム席サポーター、SB席サポーターによって掲出されましたが、決して掲出が許されるものではありません。
この掲出に対して、ガンバ大阪はAホーム席及びSB席サポーターに厳重注意し、今後、「ガンバ大阪・選手を応援するもの」以外の横断幕やバナー、ゲーフラの掲出を不可とすることを徹底してまいります。

ガンバ大阪は、ACLアジアチャンピオンズリーグにて予選、決勝トーナメントを戦い抜き、決勝戦に進出して戦う浦和レッズに敬意を払うと共に、日本プロサッカーリーグの発展の為、浦和レッズのACLアジアチャンピオンズリーグ優勝を心より応援致します。

用語集に戻る