ホームグロウン制度

読み方:ほーむぐろうんせいど

ホームグロウン制度とは2019年から始まったJリーグクラブに所属する育成枠の選手のことである。

ホームグロウン選手の定義は12歳から21歳の間、該当クラブのユースやジュニアユースなどの育成組織に3シーズン登録していた選手である。

2019年以降、Jリーグではホームグロウンの選手を一定人数の登録しなければならない。

■ホームグロウン選手の登録必要な人数
2019年 J1:2名 J2/J3:0名
2020年 J1:2名 J2/J3:0名
2021年 J1:3名 J2/J3:0名
2022年 J1:4名 J2/J3:1名

用語集 一覧に戻る