赤吉(アカキチ)

赤吉とは「赤き血のイレブン」のこと

赤き血のイレブン

赤き血のイレブンとはサッカーを題材とした漫画およびアニメ作品である。
1970年に作者・梶原一騎により発表された。

赤菱のイレブン

浦和レッズを題材にした4コマ漫画。作者は古沢優。
参照:虚匠

脚(アシ)

脚とはガンバ大阪のこと。 「ガンバ」はイタリア語で「脚」を意味するため。

兄貴

兄貴とは那須大亮のネット上の愛称。

アフターゲーム・レッズ・バー

アフターゲーム・レッズ・バーとは試合開催日の埼玉スタジアムの南広場にある飲食店の集まりである。

アベッカム

アベッカムとは阿部勇樹のことである。
ベッカムのように正確なキックを蹴るため。
類義語:和製ベッカム

あべゆ

あべゆとは阿部勇樹の愛称。

アクションサッカー

アクションサッカーとは攻撃においても守備においても自ら仕掛けるサッカーのことである。
類義語:ボールも人も動くサッカー
対義語:リアクションサッカー

雨男

雨男とは公式マスコット「レディア」のこと。
レディアがスタジアムに来ると雨が降ることから。

アジリティー

アジリティーとは敏捷性のこと。
ボランチが1人の場合もアンカーと呼ばれる。

​アルビレッズ

アルビレッズとはアルビレックス新潟から浦和レッズへ移籍する選手が多いために言われた蔑称。

アレ、アレス(Allez)

アレスとはフランス語で「頑張れ」や「行く」の意味。
同じ意味でバモス(ポルトガル語)、フォルツァ(イタリア語)がある。

アンカー

アンカーとは中盤の底のポジション。

勢いさん

勢いさんとは「大野勢太郎」のこと。ネットスラング。

犬とはジェフユナイテッド市原・千葉のこと。
マスコットが犬のため。

磯(イソ)

磯とは鹿島アントラーズの応援団「インファイト」のこと。ネットスラング。

田舎

田舎とは
1.ジュビロ磐田のこと
2.サガン鳥栖のこと

かつてはジュビロ磐田のことを指したが、近年はサガン鳥栖のことをいう。

イングリッシュウィーク

イングリッシュウィークとは週に2試合以上あり、連戦が続くこと。
類義語:ミッドウィーク

インターセプト

インターセプトとは相手のパスをパスの途中で奪うこと。

インテンシティ

直訳で「強烈、強さ、集中力」。
ザッケローニがこの言葉を使用したことで広まった。

宇宙開発

宇宙開発とはシュートがゴールから大きく外れること。

浦研(うらけん)

浦研(うらけん)とはライターの島崎英純や福田正博などが記事を配信するWebサイトである。

浦女

浦女とは浦和レッズレディースのことである。

浦和フットボール通信

浦和フットボール通信とはさいたま市中心に配布されているフリーペーパー、およびwebサイト。
地元のサッカー関連情報に特化している。

URAWA POINT(ウラワポイント)

URAWA POINTとはさいたま市浦和区にある非公式のグッズショップまたは飲食店。
URAWA BOYSの元リーダー相良純真氏が経営している。

URAWA BOYS(ウラワボーイズ)

URAWA BOYSとは1997年に設立した私設応援団。
2014年に差別横断幕事件で解散したが、2018年に復活した。

浦和から生きて帰れると思うなよ

「浦和から生きて帰れると思うなよ」とは横断幕に書かれた文である。

浦和は勢いだけ

浦和は勢いだけとは2016年、浦和戦の前日に大久保嘉人がインタビューで発言した言葉。

浦和に期待した僕が馬鹿でした

2010年、権田修一の発言。
浦和が勝利していればFC東京はJ1残留ができたが、神戸に0-4で大敗。その結果にこぼした言葉である。

浦和の敵は浦和

浦和の敵は浦和とはイビチャ・オシムの記者会見での発言。
プレッシャーを浴びながらタイトル争いする浦和レッズに対して放った言葉。

浦和レッズマガジン

浦和レッズマガジンとはフロムワンが発行している雑誌である。

宇宙開発

宇宙開発とはシュートがゴールを大きく越えること。

ウルトラス(Ultras)

ウルトラスとは熱狂的サポーターの中心のことである。

浦和レッズ後援会

浦和レッズ後援会とは有料で加入する一般社団法人。
イベントやツアーなどがある。

うんこ物語

うんこ物語とは柏木陽介のこと。
柏木陽介が誤ってメールアドレスの変更をブログに投稿し、
そのメールアドレスが「unkomonogatari@」だった。

ウノゼロ

ウノゼロとは1-0で試合を終えること。
イタリア語で1-0のことをUno a Zero (ウーノ・ア・ゼーロ)と言うことから。

浦和の男で始まり、浦和の男で終わる

「浦和の男で始まり、浦和の男で終わる」とは2015年の最終節で鈴木啓太が現役引退を表明した時に言った名言。

浦議

浦議とは「浦和レッズについて議論するページ」の省略名。
インターネット掲示板サイトである。

エーコ

エーコとは小池純輝の愛称。
小池栄子が由来。

ACL

ACLとはAFCチャンピオンズリーグの略称。

F東(エフトー)

F東(エフトー)とはFC東京のことである。

Lフラッグ(Lフラ、L旗)

Lフラッグ(L旗、Lフラ)とは約157×100cmの浦和レッズ公式グッズの旗。

おい、そろそろ行こうか

「おい、そろそろ行こうか」とはURAWA BOYSの元リーダー角田修一氏が試合前に言う言葉である。

黄金世代

黄金世代とは1979年生まれの選手こと。
元浦和レッズの選手では小野伸二、酒井友之、高原直泰などがいる。

大原サッカー場

大原サッカー場とはさいたま市浦和区にある浦和レッズの練習場。

大原の得点王

大原の得点王とは盛田剛平の蔑称。
練習ではゴールを決められるが、試合で決められない樣を言う。

オーセンティックユニフォーム

オーセンティックユニフォームとは選手が着ているユニフォーム同じ作りになっているシャツのことである。
類義語:レプリカユニフォーム

オフィシャルサポーターズクラブ

オフィシャルサポーターズクラブは3人単位で有料登録し、特典として旗やグッズが貰える。

オフトの遺産

オフトの遺産とはギド・ブッフバルトが監督だった頃に言われた言葉。
ハンス・オフトは徹底した戦術で基礎を残し、後任のギド・ブッフバルトに受け継いだことから。

オフ・ザ・ボール

ボールに関与していない部分のことである。

ALL COME TOGETHER!

ALL COME TOGETHER!とはシーズン終盤に展開されるキャンペーンのこと。

オリジナル10

オリジナル10とは1993年のJリーグ初年度に参加した10クラブのことである。
10クラブは以下の通り。
鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパスエイト、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島

織部

織部とはオリヴェイラのことである。ネットスラング。

俺たちが浦和レッズなんだ、忘れるな

「俺たちが浦和レッズなんだ、忘れるな」とは2003年Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第14節 名古屋グランパスエイト vs 浦和レッズ(名古屋市瑞穂陸上競技場/14:04キックオフ)の試合終了後にURAWA BOYSの元リーダー角田修一氏が発言した言葉である。
その様子がGGRで放送され名言となった。

頭文字一覧

目次